法人公告週報[2022第36週]

2022年第36週の消滅法人公告の内訳は以下の通りでした
※()内は前週実績

◆今週公告された消滅法人数
消滅法人数 408(297)件[前週対比 111件増/比率:137.3%]

◆今週公告された消滅法人の届出内訳
破産手続 92(94) 97.8%
特別清算 1(2)
再生手続 6(1)
更生手続 0(0)
法人解散 309(200) 154.5%

◆今週公告された消滅法人の法人格内訳
株式会社 195(172)
有限会社 100(68)
合同会社 48(24)
その他会社 10(1)

医療法人 5(6)
宗教法人 1(1)
学校法人 0(0)
士法人  0(0)

特定非営利活動法人 23(11)
社 会 福 祉法人 0(1)
独 立 行 政法人 0(0)
その他非営利法人 0(0)

財団法人 0(1)
社団法人 23(7)

農事組合 0(0)
管理組合 1(0)
協同組合 0(1)
共済組合 0(0)
有限責任組合 1(0)
その他組合 0(1)

清算法人 0(0)

他公社・団体 1(3)

◆倒産と廃業の比率
倒産:廃業=99:309【廃業比率:75.7(67.3)%】

◆短評
週の前半は軟調だった先週の状態を引き継いでスタートしましたが、
月が替わった9月1・2日は勢いを取り戻した形になりました。
特に自主解散・廃業数が月初に大幅に積み上がり、各数値を押し上げました。
法人格の内訳を見ると、有限会社と合同会社が増えており、
特に有限会社は既に新設できない法人格であるので、業歴の長い小企業が店を畳んだ影響と推測します。
やはり全体の景気が良い方向に向かっている様には感じません。
9月はどうなっていくか、年末に向けたトレンドが出てくるのか注目してみましょう

タイトルとURLをコピーしました