私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 韓国


韓国の格安航空会社「イースター航空」は、1月14日付でソウル回生裁判所へ会社更生手続を申請したことが...続きを読む

韓国格安航空会社(LCC)は14日、イースター航空が会社更生手続きを申請した。
今後、裁判所管理下で債務減免交渉とともに売却先探しを進める。同社は現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国内線・国際線の約20路線の全便を運休している。

韓国内でLCCの更生手続き申請は初めて。
イースター航空は非上場の中堅LCCで、東京(成田)や大阪(関空)のほか札幌や福岡など日本の7都市にも就航していた。

韓国のLCCは6社、2017年1月から中国によるTHAAD制裁により、中国からのボッタくり用チャーター便が全面ストップ、LCC各社は日本へシフトして難を逃れていた。しかし、2019年7月からの韓国によるボイコットジャパンにより日韓路線は途絶え、急激に業績を悪化させる中、2020年2月からの韓国および世界での新コロナ感染拡大で万事休す状態に陥っている。
ボイコットジャパンでは、日本路線から切り替えて台湾や東南アジア、少し解禁された中国へ展開したものの、新コロナにより路線が国内便だけに消えた。

すでに同社買収の関心を示している企業は、湖南に拠点を置く建設会社1社と金融業者1社、私募ファンド(PE)2社の計4社だという。
イースター航空は日本路線の不振で実質行き詰まり、2019年12月に韓国LCC大手のチュジュ航空への身売りを推進、しかし、2020年2月には役員に対して報酬を支払えない状態に至り、同年3月にチェジュ航空と買収合意。ところが、新コロナの発生により旅客需要が大幅減少し続けチェジュ側が合意を撤回した。同社は600人をリストラし、その後も売却先を模索してきたものの、債務負担が大きく難航していた。
以上、

韓国の自動車メーカー「双竜自動車」(サンヨン)は、2020年12月21日付でソウル回生裁判所に更生手...続きを読む

双竜自動車は12月15日、外資系銀行から借入金の元利返済額約600億ウォン(約57億円)を返済できていないと公表していたが、21日には政府系の産業銀行へも900億ウォンの返済日が到来、ウリィ銀行からの借入金150億ウォンも元利金の返済ができておらず、同社は同日法定管理(会社更生法相当)を申請した。
法定管理申請は上海自動車傘下だった2009年来2度目。

同社は、1954年に河東煥自動車製作所としてスタートし、財務構造改善作業=銀行管理、法定管理を一度ずつ経験したが、今回再び法定管理を申請した。

1954年、河東煥自動車製作所は、米軍の使い古しのバスを修理・改造して自動車を作り始めたことを起源とし、1977年に河東煥自動車工業に商号変更、ディーゼルエンジンを搭載した4~6人乗りのジープ型車両を開発。1979年には現在の双龍自動車の本社がある京畿道平沢に工場を建設した。
その後、東亜自動車に社名変更、ジープ型の「KORANDO(コランド)」は韓国の公安当局の官用車としても使用された。

1986年に自動車産業に参入した双龍グループが東亜自動車を買収、翌年には同グループが英国の小規模自動車メーカーのパンサー・ウェストウインズを買収して、現在の双竜自動車となった。
双竜自は1990年代、AMGやドイツのメルセデス-ベンツと技術提携、エンジン供給を受け、ムッソー、ニューコランドを発売して全盛期を迎えたかにみえた。
しかし、1997年から8年にかけ韓国でアジア通貨危機が発生、直後に大宇グループに買収されたものの、大宇財閥自体が解体させられ、同社は2005年に中国・上海汽車集団に売却された。

東証1部上場でグローバルワークやローリーズファームなどのブランドを展開するアパレルメーカーの「アダス...続きを読む
東証1部上場の電気機器メーカー「サンケン電気」は、100%出資子会社の「韓国サンケン」(韓国)を解散...続きを読む

Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2021 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions