私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 韓国

韓国の仮想通貨取引所「ユービット」(旧ヤピゾン)は19日、同日午前4時35分ごろ、ハッキングを受け、多額の取引資産を奪われたと公表した。
顧客が取引所に開設した口座で売買していた仮想通貨の一部が蒸発した。
ユービットは、同日午後2時に出入金を停止し、破産手続きに入ると発表した。
警察の調べによると、蒸発した仮想通貨は約170億ウォン(約17億6,600万円)相当で、取引資産の17%に相当するという。
韓国で仮想通貨取引所が破産するのは初めて。
警察は被害規模の特定とハッカーの正体解明を進めている。
 
ユービットは、破産手続きに際し、顧客に残高の75%を出金した上で、残額は最終整理が完了後に支払うと説明した。
同社は今後、サイバー総合保険(約30億ウォン)と会社資産の売却などで顧客の損失分を補償する予定。

東証マザーズ上場でソーシャルショッピングサイトの「BUYMA」を展開する「エニグモ」は、100%出資...続きを読む

コーヒーチェーン店「HOLLYS COFFEE」などを創業し、一代で成功を収めた韓国の「コーヒー王」ことカン・フン氏(KHカンパニー代表)が7月24日、ソウル・盤浦洞の自宅で首を吊って死亡しているのが見つかった。
遺体を発見した関係者は、警察の事情聴取に対し、カン氏がメールで会社更生手続きの申請に言及し「つらい」と述べていたと話しているという。その後、カン氏と連絡が取れなくなったため、自宅を訪ねたという。
カン氏が経営していたKHカンパニーは7月14日、ソウルの裁判所に会社更生手続き開始を申請していた。
同社は、デザート専門カフェ「マンゴーシックス」の売り上げが低迷し、経営が傾いた。
カン氏は、前妻と離婚し、ワンルームマンションで一人で暮らしていた。
警察は、外傷が見当たらないことから、カン氏が自殺したものとみている。
遺書は発見されていない。
業界では、カン氏の死について「生き残るために必死で流行を追い、拡大競争に耐え抜くフランチャイズ業界の断面を示している」との声が出ている。

韓国の海運最大手・コンテナ船で世界7位だった韓進海運が17日、ソウル中央裁判所から破産宣告を受けた。
負債額は2015年決算時で約6兆6千ウォン(約6600億円)、
昨年9月法廷管理に入る前と、その後に資産売却されており、最終負債額はかなり減少している。

同社は、世界各地にネットワークを張り巡らし、韓国経済を支える輸出の大動脈の役割を果たしてきたが、創業40年で消え去ることになった。
これに先立ち、裁判所は今月2日、韓進海運再生手続きの打ち切りを決定し、債権者の意見照会など2週間の抗告期間を経てこの日最終的に宣告を下した。
裁判所が破産を宣告して破産官財人を選任すれば清算手続きが始まる。今後、資産売却や債権者配分など関連手続きが進められる予定。

韓国・ソウル市に本拠を置く海運大手の「韓進海運」は、2月17日付でソウル中央地方裁判所より破産宣告を...続きを読む

Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2018 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions