私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 静岡倒産


既報。自動車部品製造のシトロ総業(有)(所在地:静岡県浜松市西区西鴨江町*** )は7月2日、静岡地裁浜松支部において破産手続きの開始決定を受けました。

負債総額は約2億円。

同社は昭和48)8月に設立、今回倒産の事態となった。

既報。燃料販売の(株)共立商会(所在地:静岡市清水区人江南町*** )は6月29日、静岡地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

資本金は7855万円。

同社は昭和21年6月に創業、昭和22年6月に法人化へ、業績が低迷する中、事業を断念、今回倒産の事態となった。

ビジネスホテルの(株)崇蒔(所在地:静岡県菊川市下平川*** )は6月5日、静岡地裁掛川支部において破産手続きの開始決定を受けました。

資本金は500万円。

同社は昭和58年1月創業、昭和62年10月に法人化へ、事業を売却後、今回の事態となった。。

バンケットコンパニオン業の(株)ミユキバンケットプロデュース(所在地:静岡胤駿河区泉町*** )は5月13日、静岡地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

負債総額は約1億円。

資本金は3200万円。

同社は昭和42年創業の老舗の宴会向けコンパニオン派遣業者。以前は頻繁に行われる宴会が交流の場、宴会に華を咲かせるコンパニオン、同社は登録女性1000人あまりを抱え、同地最大のコンパニオン派遣業者であった。以前は5億円近い売上高を計上していたが、バブル崩壊後、不況の連続、経費節減が当たり前になり、アベノミクスで企業は空前の利益を得て潤っているにもかかわらず宴会は小規模化、減少し続け、今や政治資金集めのパーティだけが生き残っている状態。

そうしたことから、同社の売上高は令和元年8月期には1億円を割り込み、事業所も縮小していたが、今般の新コロナにより3蜜の宴会の開催はなくなり、コンパニオン派遣もキャンセルばかり、同社は資金繰りに行き詰り、今回の事態に至った。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2020 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions