鋼材加工卸の(有)山崎商店(所在地:青森県弘前市大字代官町*** )は1月27日付、青森地裁弘前支部において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は約2億円。

 

破産管財人には、三上雅通弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年2月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年5月30日午前10時。

事件番号は令和4年(フ)第3号となっています。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

(有)山崎商店

2

本社地

青森県弘前市代官町63

3

代表

仮取締役:藤田好子

4

創業

1927年

5

設立

1951年7月.

6

資本金

7000万円

7

業種

鋼材加工卸

8

売上高

以前のピーク期、約2億円

2020年12月期、約1億円

9

破たん

2022年1月27日、

破産手続きの開始決定

10

破産管財人

三上雅通弁護士(三上雅通法律事務所)

電話:0172-33-0203

11

裁判所

青森地裁弘前支部

12

負債額

約2.5億円

13

破綻事由

同社は鋼材や鉄板などの加工卸会社。建設業者や看板業者を顧客にし、ニーズをあわせて加工し販売していた。しかし、建設業界のニーズは官・民とも工事が減少し続け、競争激化により同社は受注減が続いていた。そうした中、代表が急逝、藤田氏が仮取締役になったものの、過去の設備投資にかかわる借入金も大きく、事業継続を断念して、今回の措置となった。