独連邦金融監督庁から15日に破産申請されていた、グリーンシル銀行(グリーンシル・キャピタルの独銀行子会社)は16日、ドイツ北部ブレーメンの裁判所において破産手続きの開始を受けた。

同行の資産は2020年12月末時点で約5800億円(45億ユーロ)。

親会社であるグリーンシル・キャピタルは8日、英国の裁判所に会社管理手続きを申請し、経営破綻しており、同社は企業の商取引で生じる売掛債権を対象にした金融を手掛け、ソフトバンクグループも出資していた。