私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 海外倒産情報


ロイター通信によれば10日、、米アパレル小売りのステージ・ストアズが連邦破産法第11条の適用(日本の民事再生法にあたる)を申請したことがわかった。

世界で続く新型コロナウイルス関連倒産で、コロナ感染拡大に伴い、店舗を閉鎖していた。

米大手高級デパート「ニーマン・マーカス」は7日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休業を余儀なくされる中、資金繰りに行き詰まり、裁判所に日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請し経営破綻した。

創業から100年以上のニーマン・マーカスは、全米で43店舗展開し、ハワイにある店舗は日本からの観光客にもよく知られている。
またニューヨークにある同じグループの高級デパート「バーグドルフ・グッドマン」は、すぐ近くの「サックス・フィフス・アべニュー」と並んで、5番街を象徴するデパートとなっている。

米国のフィットネスクラブの「ゴールドジム」を展開する運営会社の「GGIホールディングス」は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請し、経営破綻した。

日本で展開している店舗は、資本関係がないためこれまでどおり経営を続けるとしている。

 

米衣料チェーンのJクルー(本社:NY市ロウアー・マンハッタン770BB)は4日、米連邦破産法11条(民事再生相当)の適用申請し経営破綻した。新型コロナウイルスの影響で全約500店が営業休止に追い込まれ、資金繰りが悪化していた。新型コロナによる米主要小売業の破綻は初めて。

有利子負債約16億5千万ドル(約1700億円)を株式に転換(DES)して債務を圧縮し、営業を継続する。

米国の多くの州では食品を除く小売業が休業や通販のみの営業を余儀なくされている。

テキサス州など一部の州は5月から衣料品店の営業再開を認めたが、入店客数を25%以下に抑えるなどの制限を設けている。

米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループが、破産法申請に向けた準備を進めているとロイター通信が4月20日報じた。

借入額は48億ドル(約5200億円)。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全店舗の一時閉鎖が打撃となった。新型コロナで米大手百貨店が破綻する初のケースになるという。

19日、ロイター通信によれば、米高級百貨店ニーマン・マーカス(テキサス州ダラスで1900年代に創業)が週内にも、連邦破産法を申請する準備に入ったと伝えていたことがわかった。

新型コロナウイルス感染症の拡大によるもので、経営に深刻な打撃を受けたとしている。

オーストラリアの航空会社でカンタス航空に次ぐ2位のヴァージン・オーストラリア・ホールディングスは20日の取締役会で、任意管理手続き(日本の民事再生法に相当)の適用申請を決め、21日に正式に発表する。
新コロナ感染拡大に伴う運航停止で、経営が立ち行かなくなった。
ヴァージン航空は全日本空輸(ANA)と提携して3月下旬に日本路線に参入する計画だったが、新型コロナの影響で延期していた。
報道によれば、昨年12月末時点の負債は約50億豪ドル(約3400億円)。
以上、

韓国の航空会社は、韓国が官民挙げてのボイコットジャパンにより弱り目、今回の新コロナにより祟り目状態に至り危機的状況にある。

東証1部上場で健康茶通販の「ティーライフ」は、100%出資子会社の「提來福」(台湾・台北市)を解散お...続きを読む

米高級食料品店チェーンのディーン・アンド・デルーカは3月31日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きをニューヨークの連邦破産裁判所に申請した。

裁判所に提出された書類によると、資産は推定で最大5000万ドル、負債は最大5億ドル。

「ローラアシュレイ」ブランドのファッションや雑貨・家具を手掛ける英ローラ・アシュレイ・ホールディングスは17日、資金繰りの悪化を理由に法的整理手続きに入る方針を発表した。

「新型コロナウイルスの感染拡大が(事業に)大きな影響を及ぼした」と説明している。

ローラ・アシュレイ(Laura Ashley)は、イギリス・ウェールズ出身のファッションデザイナー。自身のデザインによる花柄に特徴を持ったカラフルな布地を用いた衣料品・家庭用品によって、世界中に名前が知られるブランドを築いた。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2020 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions