私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 大型倒産

大正年間創業で豆腐等の製造会社の旧(株)鈴清食品の(株)エス・エス・フーズ(岩手県一関市東山町松川字地蔵平150-1、本店登記:東京都千代田区麹町1-5-4)と関連で旧(株)カネショクの(株)ケイ・エス(同)は5月9日、東京地方裁判所において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は(株)エス・エス・フーズが約16億円、(株)ケイ・エスが約4億円(ともに譲渡前の負債額)。

シェアハウス「かぼちゃの馬車」開発運営の(株)スマートデイズ(東京都中央区銀座1-7-10)は5月15日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、清水祐介弁護士(電話03-5524-5554)が選任されている。

負債額は約60億円。

同社は4月9日民事再生申請、4月18日東京地裁が民事再生申請を棄却、破産手続きに移行していた。
同社のビジネスモデルは、シェアハウスを開発し、投資家に棟ごとや部屋割りで売却、その際、オーナーに対して貸し付けを担当したのが、危なっかしい融資で以前から有名なスルガ銀行であった。同社はオーナーからシェアハウス運営のサブリースを受け運営、その運用益の一部をオーナーに賃料として支払い、オーナーはその受け取った賃料をスルガ銀行からの借入金の元利返済金に充当していた。
しかし、同社は開発を急ピッチで進め、一方でシェアハウスブームは終焉、同社は入居者不足に陥り、オーナーに賃料を支払えなくなり、今年1月、賃料値下げ要請して経営悪化を表面化させ、4月の民事再生申請となっていた。

既報。シェアハウス企画販売、サブリース事業の(株)スマートデイズ(所在地:東京都中央区銀座1-7-10)は5月15日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

建設機械販売とレンタル業の(株)ビバック(所在地:東京都品川区旗の台2-1-6)は5月7日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約109億円。

ニチコンの(株)日本コンタクトレンズ(愛知県名古屋市中川区好本町3-10)と関連の(株)日本コンタクトレンズ研究所(東京都中央区日本橋箱崎町1-7)は5月1日、申請処理を若杉洋一弁護士(電話06-6208-1500)ほかに一任して、名古屋地方裁判所へ民事再生手続きの廃止を申請した。同社は平成28年11月に民事再生の適用を申請していた。今後破産へ移行する。

民事再生法申請時の負債額は、日本コンタクトレンズが約14億円、日本コンタクトレンズ研究所が約4億5千万円。

空気循環機器製造の(株)ナガヌマ(群馬県邑楽郡大泉町吉田1210-3)は4月26日事業停止、事後処理を猪山雄央弁護士(電話03-3436-0197)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約13億円。

4月10日に自己破産を申請した、投資事業の(株)プレミアバンク(登記簿上所在地:神奈川県横浜市神奈川区栄町11-4)は4月19日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約20億円。

既報。3月28日にさいたま地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行った、(株)鳩山カントリークラブ(所在地:埼玉県比企郡鳩山町大字大橋*** )は4月6日、同地裁において再手手続きの開始決定を受けました。

申請時の負債額は約32億円。

ゴルフ場運営の(株)朽木ゴルフ倶楽部(所在地:滋賀県高島市朽木宮前坊67-212)は4月9日、大阪地裁において民事再生法の適用を申請し、同日に保全・監督命令を受けた。

住宅建築の(株)欧倫ホーム(愛知県名古屋市名東区貴船3-206)は4月10日事業停止、事後処理を若山哲史弁護士(電話052-734-3669)に一任して、自己破産申請の準備に入った。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2018 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions