私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 大型倒産

ヘリ・飛行機のラジコンの日本遠隔制御(株)(大阪府東大阪市永和2-2-12、本店登記:三重県松阪市白粉町392)は12月26日、大阪地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、坂川雄一弁護士(電話06-6363-7800)が選任されている。
負債額は約40億円。

同社は昭和51年創業で「JR PROPO」ブランドのヘリコプター・飛行機などのラジコンメーカー兼産業用遠隔コントローラーなどの製造会社。全国で「JR PROPO」大会なども開催していた。
同社は、高い技術を擁し、製造から修理まで一環体制を敷き、全国400店舗にRCヘリコプターやRC飛行機や部品部材などを卸販売していた。
最近は、農薬散布用や遠隔地視察用などの産業用製品やドローン開発にも注力し、平成28年3月期には約41億円の売上高を計上していた。
  しかし、内実は、粉飾決算が疑われ、借入金返済の遅滞・税金滞納、所有不動産の差し押さえなどが発覚、債権者から破産の申し立てを受け、今回の事態に至った。

郵便ハガキの印刷指定工場のトキワ印刷(株)(所在地:福島県須賀川市森宿字ヒジリ田50)と関連の後藤商事(株)(所在地:福島県須賀川市森宿字御膳田39-8)、(株)ピーアイシー(所在地:東京都港区赤坂2-16-3)、ユートレーディング(株)(所在地:東京都港区赤坂2-16-5)、(株)後藤本社(所在地:東京都港区赤坂2-16-3)は12月22日、東京地裁において会社更生法の適用を申請し、同日保全管理命令を受けた。 

韓国の仮想通貨取引所「ユービット」(旧ヤピゾン)は19日、同日午前4時35分ごろ、ハッキングを受け、多額の取引資産を奪われたと公表した。
顧客が取引所に開設した口座で売買していた仮想通貨の一部が蒸発した。
ユービットは、同日午後2時に出入金を停止し、破産手続きに入ると発表した。
警察の調べによると、蒸発した仮想通貨は約170億ウォン(約17億6,600万円)相当で、取引資産の17%に相当するという。
韓国で仮想通貨取引所が破産するのは初めて。
警察は被害規模の特定とハッカーの正体解明を進めている。
 
ユービットは、破産手続きに際し、顧客に残高の75%を出金した上で、残額は最終整理が完了後に支払うと説明した。
同社は今後、サイバー総合保険(約30億ウォン)と会社資産の売却などで顧客の損失分を補償する予定。

不朽の恋愛映画『カサブランカ』でハンフリー・ボガートが着用したフェドーラや、映画「インディ・ジョーンズ」シリーズでハリソン・フォードや麻生大臣が愛用しているハットなどを手掛けるイタリアの老舗帽子メーカー「ボルサリーノ(Borsalino)」は12月18日、破産手続きの申請を行ったと労働組合が明かした。

イタリア北部のアレッサンドリアの裁判所は同社の救済案を棄却し破産手続きに入ったと、イタリア労働連合(UIL)のエリオ・ブリコラはAFPに話し、当面は「事業を継続させるだろう」が、「従業員は怒っており、将来を不安視している」と語った。

 「ボルサリーノ」のハットを愛したマイケル・ジャクソンに、同ブランドのファンとしても知られる米歌手のファレル・ウィリアムス。デヴィッド・ボウイは最後となった撮影で黒のフェドーラを着用した。

家庭用調理用品・日用雑貨品卸の(株)ホリシン(新潟県西蒲原郡弥彦村大戸737-7)は12月12日、申請処理を今井慶貴弁護士(電話025-280-0865)ほかに一任して、新潟地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、保全命令を受けた。監督員には、堀田伸吾弁護士(電話025-225-7220)が選任されている。

 負債額は約15億円。

鮮魚・活魚加工卸の和歌山共和水産(株)(大阪府堺市美原区今井190-2)は12月12日、事後処理を山岸久朗弁護士(電話06-6354-3334)ほかに一任して、事業を停止した。

負債額は約24億円。

同社は昭和62年創業の鮮魚加工販売業者。鮮魚・活魚の加工品を大手回転寿司チェーンなどに卸販売し業績を伸ばし、回転寿司定番のサーモンもノルウェーから輸入し加工していた。加工場も衛生管理されたHACCP認定仕様、スーパーへも販路を拡大させ、平成29年5月期には約75億円の売上高を計上していた。

しかし、借入金に依存した設備投資に資金繰りが悪化、一部支払い遅延も散見され、信用不安が囁かれていた。

平成27年3月に「ウイングベイ小樽」に改称した複合商業施設「マイカル小樽」運営の(株)小樽ベイシティ開発(所在地:北海道小樽市築港11-5)は12月7日、札幌地裁において民事再生法の適用を申請した。

負債総額は約249億円。

創業105年、スーパーマーケット経営の(株)やまと(所在地:山梨県韮崎市富士見2-12-36)は12月6日、事業を停止して事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

元、格安スマホ「FREETEL」のプラスワン・マーケティング(株)(東京都港区西新橋2-8-6)は12月4日、申請処理を柴原多弁護士(電話03-6250-6200)に一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請をした。監督員には、蓑毛良和弁護士(電話03-3356-5251)が選任されている。

  負債額は約26億円。

元ビットコイン取引所の(株)MTGOX(東京都渋谷区渋谷2-11-5)は11月24日、債権者が申請処理を福岡真之介弁護士ほかに一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申し立て、同裁判所は調査命令を発した。調査委員には、伊藤尚弁護士が選任されている。

同社は、平成26年4月、負債額約456億円を抱え、同地裁で破産手続きの開始決定を受けていた。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2018 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions