私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 大型倒産

土木建築業の(株)服部組(三重郡菰野町菰野1011-1)は8月21日事業停止、事後処理を青山學弁護士(電話052-239-1261)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約14億円。

同社は昭和14年創業の老舗の土木・建築工事業者。公共投資や民間建設投資が多かった平成14年2月期には約20億円の売上高を計上していた。

旧(株)ラナ大阪でキャラクターグッズ企画製造卸のアール企画(株)(大阪市中央区南船場3-2-22)は8月8日、大阪地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

負債額は約20億円。

老健施設運営の社会福祉法人眞榮会(千葉県佐倉市下志津214-1)は8月1日、 申請処理を赤羽宏弁護士(電話03-3538-5551)に一任して、千葉地方裁判所へ民事再生法の適用を申請を行った。監督員には、宮本勇人弁護士(電話047-325-7378)が選任されている。

負債額は約24億円。

同法人は平成25年3月設立の特別養護老人ホームの「眞榮の里」(29人収容)、5階建の介護付有料老人ホーム「トラストヴィレッジ佐倉」の運営会社。平成28年3月期の売上高は約2億5千万円を計上していた。

衣料品やスマホケース卸の(株)DAQ(東京都千代田区神田練塀町3、本店登記:岐阜市宇佐南4-17-1)は7月31日、申請処理を川井一将弁護士(電話03-6267-1200)ほかに一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請をおこなった。監督員には、三枝知央弁護士(電話03-3573-1578)が選任されている。

破綻した第一中央汽船(株)子会社のMARS SHIPPING CO.,S.A.(東京都港区三田1-4-28、本店登記:パナマ共和国パナマ市サムエル・ルイス及びマヌエル・マリア・イカサ通りコモサ・ビルディング)は7月27日、申請処理を信夫大輔弁護士(電話06-6366-3013)に一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、民事再生手続きの開始決定を受けた。監督員には、高木裕康弁護士(電話03-3213-1081)が選任されている。

負債額は約17億円。

既報。環境装置製造の共立工業(株)(所在地:神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-30 登記簿上所在地:神奈川県相模原市緑区橋本台2-6-15)と、関連会社の(株)共立(同)は7月26日、横浜地裁において破産手続き開始決定を受けた。

既報時の負債額は共立工業が約13億円、共立が約18億円の計約31億円。

ステンレスのコンビニの広栄工業(株)(大阪市住之江区南港東8-1-108)は7月21日、大阪地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、山浦美紀弁護士(電話06-6365-1588)が選任されている。

負債額は約28億円。

同社は平成2年9月設立のステンレス鋼材の加工販売、ステンレス鋼材の卸販売会社。同社はステンレスのコンビニと称して、小ロット短納期を実現し、ステンレス商社や厨房機器メーカーへ販売していた。平成9年7月期には約30億円の売上高を計上していたが、リーマン・ショック以降、売上高の減少が続き、平成28年期には12億円台まで売上高が減少し、債務超過に陥っていた。

工場設備の借り入れ負担も大きく、今年5月、ステンレス問屋の(株)三榮に工場設備も含め事業譲渡し、同社はこのたび最終処理するもの。

旧、中小企業農業機構(株)のエーオーエス(株)(東京都千代田区九段北1-14-21、代表:富沢亮)は7月21日、千葉地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、佐藤瞳弁護士(電話043-225-4611)が選任されている。

住宅建築の(株)山清(所在地:愛知県豊橋市下地町横山80-1)は7月31日、名古屋地裁豊橋支部において自己破産を申請した。

建材・住設機器卸の菊水(株)(大阪市西区西本町1-15-10)と関連の(株)キクホームズ(同)、キクスイ物流(株)(同)の3社は7月27日、大阪地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、宮本圭子弁護士(電話06-7669-8940)が選任されている。

負債額は菊水が約18億円、キクホームズが約2億円、キクスイ物流が約5千万円。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2017 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions