私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 大型倒産

格安海外ツァー企画旅行会社の(株)てるみくらぶ(東京都渋谷区渋谷2-1-1、代表:山田千賀子)は3月27日、申請処理を南勇成弁護士(電話03-6250-6200)に一任して、東京地方裁判所へ自己破産申請し、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、土岐敦司弁護士(電話03-3499-7555)が選任されている。
負債額は約151億円。
債権者総数は3万6,266名、ツアー券購入者は約3万6千件、当ツアー券による一般旅行者数は8万~9万人にのぼり、ツアー客への負債は約99億円となっている。

各新聞社の報道によると、
観光庁は27日、同社のツアーを利用した海外渡航中の旅行者数が26日時点で約2500人に上ると明らかにした。
同庁は「航空券の発券手続きがされていれば帰国できる」と説明している。
国交省を通じて国内外の航空会社に対し、発券済みの旅行客の搭乗を拒否しないよう要請した。
同庁などによると、航空会社のシステム上で発券手続きが取られていれば航空券は有効で渡航客は帰国できる。
ただ、ホテルなど宿泊施設の利用は追加料金が発生する恐れがあり、同庁は各国の日本大使館に渡航客から送金方法などの相談があれば適切に対応するよう外務省を通じて依頼した。

(株)てるみくらぶ(東京都渋谷区渋谷2-1-1)は3月27日、申請処理を南勇成弁護士(電話03-6250-6200)に一任して、東京地方裁判所へ自己破産申請し、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、土岐敦司弁護士(電話03-3499-7555)が選任されている。

負債額は約151億円。

債権者総数は3万6266名、ツアー券を購入していた一般旅行者は3万6046名にのぼっている。 

同社は平成10年12月に設立された海外を得意とする格安旅行会社。

第1種旅行業者として、ハワイ、グアム、サイパン、韓国、台湾に現地法人を設け、格安旅行を提供していた。

格安海外旅行の浸透やスマホなどによるネット販売の普及で、平成28年9月期には約195億円の売上高を計上していた。

しかし、国内事業所の展開や海外各地に設けた現地法人や事務所の経費が、薄利多売の格安旅行会社の収益を圧迫し、資金繰りに窮していた。

国交省が同社の検査に当たったが、自己破産の手続きが終わっていたようだ。

ジーマティック社製システムキッチン販売のエスアンドエイチジャパン(株)(東京都中央区日本橋堀留町1-4-16)は3月10日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

負債額は約32億円。

大山ブランド豆腐製造の大山豆腐(株)(神奈川県伊勢原市白根575)は3月17日、横浜地方裁判所において、再生手続きが廃止され、保全管理命令を受けた。今後、裁判所の職権で破産手続きに至る。

保全管理人には、監督員の村松剛弁護士(電話045-640-0463)が選任されている。

負債額は約25億円。

シリコンウェハー検査装置の(株)レイテックス(東京都渋谷区神宮前3-2-17)は3月8日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、小林和則弁護士(電話03-6205-7697)が選任されている。債権者から破産申し立てられての破産。

負債額は約110億円。

(元)聘珍樓(へいちんろう)の(株)平川物産(神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-8、本店登記:東京都千代田区内幸町2-2-2)は3月9日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

負債額は約25億円。

大学受験予備校の(株)モアアンドモア(本店:神奈川県相模原市中央区上溝七丁目17番22号、本社:神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町538-8)は3月13日、申請処理を市野澤要治弁護士(電話03-3239-7283)に一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行った。

負債額は約12億円。

同社は平成元年創業の東進衛星予備校のFC加盟企業。各地に36校を運営し、平成27年12月期には約19億円の売上高を計上していた。しかし、最近の急速な事業展開に資金が追いつかず、資金繰りに窮するようになっていた。

同社は、東進衛星予備校を運営するJQ上場のナガセをスポンサーにして、予備校運営は継続する。

18Hゴルフ場経営の(株)花咲カントリー倶楽部(山梨県大月市大月町花咲1872-1、事業所:東京都練馬区大泉学園町8-18-10)は3月10日、申請処理を服部弘志弁護士(電話03-3580-0123)に一任して、甲府地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行った。監督員には、柴山聡弁護士(電話055-235-1731)が選任されている。

負債額は約70億円。

同社は昭和55年3月設立された花咲カントリー倶楽部の経営会社。「花咲カントリー倶楽部」のオープンは設立よりだいぶ遅く平成13年9月、バブルが崩壊し、金融機関の不良債権処理が行われている最中だった。それでも平成28年12月期は5億円の売上高を計上していた。コースを維持できる額であるが、平成28年に預託金の返還期が来、返済できないことから、今回の措置となった。

結構式場の(株)Brillia(東京都渋谷区代々木4-31-6)と関連の(株)銀座プロジェクト(東京都中央区銀座1-8-19)、(株)ティアラクチュール六本木(東京都渋谷区代々木4-31-6)、(株)関西プロジェクト(東京都渋谷区代々木4-31-6)の計4社は3月8日、申請処理を信國篤慶弁護士(電話03-6213-8113)ほかに一任して、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、富永浩明弁護士(電話03-3544-0381)が選任されている。

負債額はBrilliaが約59億円、銀座プロジェクトが約18億円、ティアラクチュール六本木が約19億円、(株)関西プロジェクトが約2億円で合計約98億円。

 

太陽光発電セル製造のPVG Solutions(株)(神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-12、登記本店:愛媛県西条市港455-1)は2月15日、横浜地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には、立川正雄弁護士(電話045-664-9115)が選任されている。
 負債額は約22億円。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2017 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions