私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 大型倒産

ゴルフレッスンプロ向けサイト運営の(株)ゴルフスタジアム(東京都豊島区南大塚2-11-10)は7月21日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には、島田敏雄弁護士(電話03-6206-1348)が選任されている。

負債額は約56億円(レッスンプロ債権者1153人含む)。

同社は平成16年9月設立されたレッスンプロやゴルフ練習場運営業者向けWEBサイトの制作、管理会社。同社はほかにゴルフ予約サイト(ゴルフチケット販売含む)やゴルフスクールなどの運営にも携わっていた。

平成28年8月期には、約30億円の売上高を計上していた。

同社は、レッスンプロらに対し、HP作成とゴルフスイング解析ソフトなどをクレジット販売する一方、その費用の同額を、当該のレッスンプロらに広告料として支払うことで売上高を伸ばしていた。

既報。6月27日に債権者から東京地方裁判所へ破産を申し立てられていた、ゴルフ予約サイト・ゴルフスクール運営の(株)ゴルフスタジアム(所在地:東京都豊島区南大塚2-11-10)は7月21日、同地裁において破産手続き開始決定を受けた。

土木建築業の(株)甲田建設(大阪府東大阪市森河内西2-25-1)は7月20日事業停止、事後処理を国府泰道弁護士(電話06-6222-9182)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約6億円。

同社は昭和53年8月設立の土木・建築工事業者。土木工事や道路工事、トンネル工事、河川工事など多岐にわたり、また、建築でも戸建住宅、公共施設、マンション工事を請け負うなどし、以前は25億円以上の売上高を計上していた。しかし、公共工事の大幅減少から業績は低迷し、平成28年12月期には11億円台の売上高まで減少していた。

老人介護施設等運営の(株)ほくおうサービス(北海道札幌市西区八軒1条西1-3-15)とグループで持株会社の(株)ほくおうホールディングス(札幌市西区)、介護事業および福祉用機器販売の(株)ほくおうケアサービス(北海道札幌市西区)、グループホームの(株)福寿草(北海道帯広市)、給食事業の(株)ほっとキッチン(北海道江別市)の計5社は7月14日、申請処理を神戸俊昭弁護士(電話011-241-7770)ら一任して、札幌地方裁判所へ自己破産申請し、保全命令を受けた。保全管理人には、窪田もとむ弁護士(電話011-207-1060)が選任されている。

負債額は5社合計で約43億円。

享保3年創業で、管継手・可鍛鋳鉄部品パイプ切断加工業の(株)吉年(大阪府河内長野市上原西町16-1)は7月14日、申請処理を佐賀寛厚弁護士(電話06-6346-2983)ほかに一任して、大阪地方裁判所へ民事再生法の適用申請をした。

負債額は約62億円。

同社は、鋳物師発祥の地として知られる河内・丹南地区で、享保3年(1718年)に創業した、現在、管継手・可鍛鋳鉄部品パイプ切断加工業を営む会社。

ガス・水道管用の継手や自動車部品など可鍛鋳鉄部品のパイプ切断加工を行い、平成3年11月期には約94億円の売上高を計上していた。

しかし、水道など官庁工事の減少、自動車生産工場の海外移転などにより需要低迷、受注競争も激化して採算性を悪化させ、平成28年期の売上高は約39億円まで落ち、2億円以上の赤字を露呈させていた。

同社は、経営不振に陥る中、共英製鋼(株)(東証1部)がスポンサーとなり、事業再生することを決定し、今回の民事再生の申請となった。

既報。6月30日に長野地裁松本支部へ自己破産申請した、真空蒸着加工、光学薄膜蒸着加工、メッキ加工のダイナテック(株)(所在地:長野県松本市和田5511-5)は7月12日、同地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債額は約36億円。

既報。5月31日に東京地裁において会社更生法の適用を申請した、通信装置と測定機器設計製造・販売の日東通信機(株)(所在地:東京都世田谷区上用賀5丁目12番11号)は6月30日、同地裁において更生手続きの開始決定を受けました。

申請時の負債額は約28億円。

パチンコ景品卸で旧(株)エイチ・アンド・エムの(株)中央商事(東京都国分寺市光町1-49-4)は6月21日、東京地裁立川支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、玉盛勝久弁護士(電話042-507-3566)が選任されている。

負債額は約29億円。

ウォーターサーバー販売事業の(株)SGS Japan(所在地:東京都荒川区西日暮里2-22-1)は6月28日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債額は約5.5億円。

介護サービスの(株)リプルケアーセンター(広島市西区己斐中2-23-1)は6月27日、広島地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、舩木孝和弁護士(電話082-227-5575)が選任されている。

負債額は約23億円。

同社は平成12年1月設立の訪問介護サービス会社。全国各地に事業展開し、高齢者専用賃貸マンション「リプルマンション湯来」やデイサービスの「リプルマンション世羅」などを開設していた。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2017 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions