私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 四国倒産情報

(株)イメージワークス(所在地:徳島県吉野川市鴨島町知恵島*** )は3月10日、徳島地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

 自動車部品用金型製造業の(有)三宅機工(所在地:徳島県美馬市穴吹町三島字舞中島*** )は3月3日、徳島地裁美馬支部において破産手続き開始決定を受けた。 

元木材販売、現不動産管理会社の土佐木材(株)(高知市仁井田4517-8、代表:藤田典也)は3月2日、高知地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、津田久敬弁護士(電話088-824-1133)が選任されている。

太陽光発電セル製造のPVG Solutions(株)(神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-12、登記本店:愛媛県西条市港455-1)は2月15日、横浜地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には、立川正雄弁護士(電話045-664-9115)が選任されている。
 負債額は約22億円。

日昭建設(株)(所在地:高知市南川添*** )は2月21日、地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

(株)家具センターワタナベ(所在地:愛媛県今治市北高下町*** )は2月14日、松山地裁今治支部において破産手続きの開始決定を受けました。

日医工のジェネリック医薬品の販売代理店の日本医薬品中国販売(株)(岡山市中区浜1-15-71)と関連の日医工中国販売(株)(同)および(株)日医工神戸(神戸市東灘区住吉山手7-5-11)、(株)日医工四国(高松市松島町3-24-6)は2月10日、岡山地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、大林裕一弁護士(電話086-221-0221)が選任されている。

負債額は日本医薬品中国販売が約46億円、日医工中国販売が約15億円、日医工神戸が約13億円、日医工四国が約9億円。

ジェネリック医薬品卸の日本医薬品中国販売(株)(岡山市中区浜1-15-71)と関連の医工中国販売(株)(同)、および(株)日医工神戸(兵庫県神戸市東灘区住吉山手7-5-11)、(株)日医工四国(香川県高松市松島町3-24-6)の4社は2月9日、申請処理を田口和幸弁護士(電話03-3273-2625)ほかに一任して、岡山地方裁判所へ自己破産申請した。

負債額は日本医薬品中国販売が約50億円。ほかは現在のところ不明。

日本医薬品中国販売は昭和40年創業の医薬品の卸売業者。ジェネリックの循環器系医薬品を種に取り扱い、関西・四国などに営業エリア拡大させ、平成25年7月期には約40億円の売上高を計上していた。

大正時代創業の文房具販売の(株)マルオカ(高知県安芸市本町2-11-15)は1月27日、高知地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、長山育男弁護士(電話088-873-7876)が選任されている。

(株)オカヤマ(所在地:香川県坂出市江尻町*** )は1月11日、高松地裁丸亀支部において破産手続きの開始決定を受けました。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2017 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions