私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 倒産要約


続報。プラスチック製容器製造の富士合成工業(株)(所在地:千葉県匝瑳市みどり平*** )は3月15日付、千葉地裁八日市場支部において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は約5億円。

 

同社はプラスチック製容器の製造業者、ほかにも金型や機械なども販売していた。しかし、化学業界向け容器は業界の設備投資減で低迷、一般向けは消費不況、競争激化で低迷、設備等にかかわる借入負担が重くなるなか、今年2月4日に負債額約3億円を抱え自己破産した日本樹脂との取引もあり、信用不安に陥り、資金繰りにも窮し、今回の事態に至った。

破産管財人には、湊弘美弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年4月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年7月11日午前11時30分。

事件番号は令和4年(フ)第23号となっています。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

富士合成工業(株)

2

本社地

千葉県匝瑳市(そうさ市)みどり平5-2

3

代表

矢田部一夫

4

設立

2006年6月.

5

資本金

3000万円

6

業種

プラスチック製容器製造

7

売上高

以前のピーク期、約7億円

2020年12月期、約5.5億円

8

破綻

2022年2月28日.

事業停止

2022年3月15日.

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

湊弘美弁護士(村上・湊法律事務所)

電話:043-223-5081

10

裁判所

千葉地裁八日市場支部

11

負債額

約5.5億円

12

破綻事由

同社はプラスチック製容器の製造業者、ほかにも金型や機械なども販売していた。しかし、化学業界向け容器は業界の設備投資減で低迷、一般向けは消費不況、競争激化で低迷、設備等にかかわる借入負担が重くなるなか、今年2月4日に負債額約3億円を抱え自己破産した日本樹脂との取引もあり、信用不安に陥り、資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

 

既報記事
富士合成工業(株)(千葉)/事業停止・弁護士一任


 

 

建築業の(株)eehome(所在地:熊本県合志市須屋*** )は3月9日付、熊本地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

 

官報より参照。

 

 

破産管財人には、益田博文弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年5月31日午前11時。

事件番号は令和4年(フ)第32号となっています。

 


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

(株)eehome

2

本社地

熊本県合志市須屋1983-7

3

代表

服部健治

4

設立

2012年12月.

5

資本金

10万円

6

業種

木造建築工事会社

7

売上高

以前のピーク期、約2億円

8

破たん

2022年3月9日.

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

益田博文弁護士(熊本あさひ法律事務所)

電話:096-312-3311

10

裁判所

熊本地方裁判所

11

負債額

約1億円

12

破綻事由

同社は木造建築工事会社、熊本大地震の復興工事が一巡して競争激化、受注不振に陥る中、今般の新コロナ事態で住宅建築営業の対面営業が大きく制約され、さらに受注不振に陥り、支えきれず、今回の事態に至った。


 

 

「湯来楽・砺波店」運営の(株)ゆらら(所在地:富山県砺波市五郎丸*** )は3月4日付、富山地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は約8.5億円。

資本金は800万円。

同社は去年破たんした相澤建設(株)が多角経営の一環として平成17年11月に設立、相澤建設が倒産するなど経営が混迷する中、新型コロナの長期化も影響もあって事業を断念、今回倒産の事態となった。

 

破産管財人には、今村元弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年6月13日午後1時30分。

事件番号は令和4年(フ)第26号となっています。

0315_02.jpg


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

(株)ゆらら

2

本社地

富山県砺波市五郎丸630

3

代表

相澤行広

4

設立

2005年11月.

5

資本金

800万円

6

業種

「湯来楽 砺波店」運営会社

7

売上高

以前のピーク期、約5億円

2019年11月期、約3.5億円

8

破綻

2022年3月4日.

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

今村元弁護士(今村法律事務所)。

電話:076-494-3588

10

裁判所

富山地方裁判所

11

負債額

約8.5億円

12

破綻事由

同社は天然温泉の「湯来楽 砺波店」の運営会社。相澤建設のグループ企業として運営されていた。開設当初は人気も出て盛業だったが、アベノミクスによる2回の消費税増税による消費不況が深刻化、売上高が低迷する中、グループ中核の相澤建設が昨年4月経営破たん、同社の成り行きが注目されていた。同社はその後も営業を続けていたものの、新コロナ惨禍が長期化、集客不足が続き、借入金も大きく、事業継続を断念して、今回の事態となった。

 

関連記事
追報:破産開始決定/相澤建設(株)(富山) 負債34億円

 


 

 

続報。林産品製造・加工の加藤林産(株)(所在地:京都市北区中川北山町*** )は3月3日付、京都地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は約6.5億円。

 

資本金は1000万円。

同社は昭和40年に設立、京都北山に広大な山林を所有し、北山杉の床柱材、プレカット材などの木材加工販売業者。しかし、住宅における木材が集成材や安価な外材に移行し、また和室の激減から同社材のニーズは減少し続け、以前は9億円前後あった売上高も漸減、最近は1億円前後まで減少、先行きの見通しも立たないことから、今回の事態に至った。

 

破産管財人には、池上哲朗弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年6月8日午前11時45分。

事件番号は令和3年(フ)第860号となっています。

 


スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名

加藤林産(株)

2

本社地

京都市北区中川北山町165

3

代表

加藤照隆

4

設立

1965年

5

資本金

1000万円

6

業種

北山杉床柱材、プレカット材製造業

7

売上高

以前のピーク期、約9億円

2019年6月期、約1億円

8

破たん

2021430

事業停止、弁護士一任/自己破産申請の準備中

2022年3月3日.

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

池上哲朗弁護士(京都総合法律事務所)

電話:075-256-2560

10

裁判所

京都地方裁判所

11

負債額

約6億円

12

破綻事由

同社は京都北山に広大な山林を所有し、北山杉の床柱材、プレカット材などの木材加工販売業者。しかし、住宅における木材が集成材や安価な外材に移行し、また和室の激減から同社材のニーズは減少し続け、以前は9億円前後あった売上高も漸減、最近は1億円前後まで減少、先行きの見通しも立たないことから、今回の事態に至った。

既報記事
北山杉の加藤林産(株)(京都)/自己破産へ

 

 


 

 

続報。(株)ダイレクトジャパン(所在地:新潟県新潟市中央区山二ツ***)は3月1日、新潟地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約5億円。

資本は金8500万円。

同社は空気清浄機、脱臭機、分煙機、自動紙折機等の機械・機器製造業者、メンテナンスも請け負っていた。最近は喫煙分煙で分煙機が、新コロナでは空気清浄機などの販売が増加していた。

しかし、代表者交代もあり、過去の在庫を見直し大きな特損を計上したことから債務超過に陥り、借り入れ負担も重たく、新たな金融機関からの支援も受けられず、今回の事態に至った。


破産管財人には太田竜弁護士が選任されている。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

(株)ダイレクトジャパン

2

本社地

新潟市中央区山二ツ3-13-16

3

代表

岩崎和仁

4

設立

1980年8月.

5

資本金

8500万円

6

業種

空気清浄機、脱臭機、分煙機など製造

7

売上高

2020年3月期、約6億円

8

破綻

2022年2月28日.

事業停止/自己破産申請の準備中

2022年3月1日.

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

太田竜弁護士(とやの総合法律事務所)

電話:025-282-7703

10

裁判所

新潟地方裁判所

11

負債額

約5億円

12

破綻事由

同社は空気清浄機、脱臭機、分煙機、自動紙折機等の機械・機器製造業者、メンテナンスも請け負っていた。最近は喫煙分煙で分煙機が、新コロナでは空気清浄機などの販売が増加していた。しかし、代表者交代もあり、過去の在庫を見直し大きな特損を計上したことから債務超過に陥り、借り入れ負担も重たく、金融機関からの新たな支援も受けられず、今回の事態に至った。

既報記事
空気清浄機の(株)ダイレクトジャパン(新潟)/自己破産へ

石油製品輸送のタカラ(株)(所在地:愛知県名古屋市港区惟信町***)は2月28日、事業停止して、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約3億円。

資本金は700万円、従業員は26名。

同社は昭和36年7月創業、昭和40年8月法人化へ、業績が低迷する中、事業を断念、今回倒産の事態となった。

担当弁護士には「オリンピア法律事務所」の原武之弁護士(電話番号:052-201-7728)ほかが任命されている。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

タカラ(株)

2

本社地

愛知県名古屋市港区惟信町5-33

3

代表

大杉隆

4

設立

1965年8月.

5

資本金

700万円

6

業種

石油製品のタンクローリー運送業者

7

売上高

2019年5月期、約3億円

2021年5月期、約2.5億円

8

破綻

2022年2月28日.

事業停止/自己破産申請の準備中

9

委託弁護士

原武之弁護士(オリンピア法律事務所)ほか

電話:052-201-7728

10

裁判所

未定

11

負債額

約3億円

12

破綻事由

同社はタンクローリー車を持ち、油槽所などから受注して東海地方一円のガソリンスタンドや工場などへ石油製品を納品していた。しかし、タンクローリーなどへの投資に多額を要し、採算性は悪く、債務超過状態が長らく続いていた。新コロナ事態からの経済回復により石油製品の高騰を受け、消費者の買い控えもあり配送業務が減少、同社は支えきれず、今回の事態に至った。

溶接業の(有)豊隆製作所(所在地:静岡県浜松市中区西丘町*** )は2月22日付、静岡地裁浜松支部において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は約1億円。

 

破産管財人には、河島多恵弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年3月29日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年5月24日午後1時30分。

事件番号は令和4年(フ)第42号となっています。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

(有)豊隆製作所

2

本社地

静岡県浜松市中区西丘町812

3

代表

金子良夫

4

設立

1984年7月.

5

資本金

300万円

6

売上高

最近は1億円前後

7

業種

金属部品の溶接業

8

破たん

2022222

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

河島多恵弁護士(河島多恵法律事務所)

電話:053-454-3077

10

裁判所

静岡地裁浜松支部

11

負債額

約1.5億円

12

破綻事由

同社は浜松の全盛期には自動車やバイク、農機具などの部品の溶接依頼が多かったものの、自動車やバイクメーカーなどが海外へ生産基地を移転させ、また残った工場も海外から部品調達するようになり、同社の売上高は減少が続き、経営不振から昨年9月までに事業を停止していた。

 

 土木工事 の(株)堀越組(所在地:群馬県伊勢崎市柴町*** )と(有)エイチ・ジーワークス(所在地:群馬県伊勢崎市柴町*** )は2月21日付、前橋地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は2社合計で約4億円。

 

破産管財人には、三橋恵一郎弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年5月30日午後4時。

事件番号は令和4年(フ)第14号・第15号となっています。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

(株)堀越組

2

本社地

群馬県伊勢崎市柴町953-38

3

代表

堀越宏

4

創業

1974年

5

設立

1984年5月.

6

資本金

2000万円

7

業種

土木工事業

8

売上高

以前のピーク期、約6億円

2017年3月期、約22億円/▲3億円赤字

9

 関連会社

(有)エイチ・ジーワークス(所在地同、代表同)

10

破綻

2022年2月21日.(2社とも)

破産手続きの開始決定

11

破産管財人

三橋惠一郎弁護士(内田武法律事務所)

電話:027-233-2151

12

裁判所

前橋地方裁判所

13

負債額

約4億円

14

説明報告会

2022年5月30日午後4時より/詳細は破産管財人まで

15

破綻事由

堀越組は土木工事業者、各種土木工事を官庁から受注していた。しかし、官庁からの発注が減少し続け、受注競争が激化、同社は売上高の低迷、採算性悪化により経営不振に陥り、借入負担も大きく、今回の事態に至った。

続報。建築工事の(株)岡山ウッドハウス(所在地:岡山県倉敷市四十瀬***)は2月25日、事業を停止して、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約5億円。

資本金は4000万円。

同社は平成7年3月に設立、業績が低迷する中、事業を断念、今回倒産の事態となった。返済条件の緩和を受ける一方で、社有不動産を売却して債務の圧縮に取り組んでいたが、抜本的な収益改善には至らず、ここにきて事業の継続を断念した。

担当弁護士には土方彬弘弁護士(電話番号:086-235-4168)が任命されている。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

(株)岡山ウッドハウス 

2

本社地

岡山県倉敷市四十瀬308-8

3

代表

岡新治

4

設立

1995年3月.

5

資本金

4000万円

6

業種

木造建築会社

7

売上高

以前のピーク期、約16億円

2021年2月期、約5億円

8

破たん

2022年2月25日.

事業停止/自己破産申請の準備中

9

委託弁護士

土方彬弘弁護士(KIBI吉備総合法律事務所)

電話:086-235-4168

10

裁判所

未定

11

負債額

約5.5億円

12

破綻事由

同社は木造住宅建築工事会社。同社の営業エリアへの大手

住宅メーカーの進出、消費不況による住宅着工戸数の減少などから受注競争激化、同社の売上高は減少し続け、最近では債務超過に陥るなど、厳しい経営が続いていた。そうしたなか、今般の新コロナ事態によりさらに受注が落ち込み、借り入れ負担も重くなり、今回の事態に至った。

続報。アスファルト関連の(株)エーエヌエス(所在地:栃木県足利市樺崎町*** )は2月14日付、宇都宮地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

 

官報より参照。

 

破産管財人には、安田真道弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年3月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年5月27日午前10時30分。

事件番号は令和4年(フ)第44号となっています。

 


 


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2022 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions