私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged 企業情報


かしいかえん

西日本鉄道は25日、福岡市東区で運営する遊園地「かしいかえんシルバニアガーデン」を12月30日で閉園すると発表した。
新コロナ惨禍を受けた経営合理化策の一環で、ほかに福岡市都心部などでは100円でバスに乗車できる割引制度を見直し、7月から150円に値上げすることも明らかにした。
「会社存続の瀬戸際」(倉富純男社長)の危機を前に、象徴的な施設や施策に幕を下ろさざるを得ない苦境が続いている。

「かしいかえん」は1956年(昭和31年)に「西鉄香椎花園」として開園。チューリップなど季節の花々に加え、大観覧車などの遊具で家族連れらを集めた。
ただ、近年は少子化やレジャーの多様化の波にのまれ、年間入園者は1986年(昭和61年)の約57万人をピークに減少傾向が続いていた。
2009年(平成21年)の大型リニューアルなどのてこ入れを重ねたが、状況は好転しなかった。
新コロナ惨禍の直撃を受けた2020年(令和2年度・・・2021年3月期)の入園者数は約13万人程度になる見込み。

倉富氏は、存廃について昨秋から検討を進めていたと明かし、「閉園が前提ではなかったが、中長期で考えたら維持できないと判断した」と説明した。

「かしいかえん」の跡地(約12万平方メートル)については「少しでも企業価値向上につながる利用の仕方を考えたい。売却先などは決まっていない」と述べた。

いちごミルクキャンディ
「いちごミルクキャンディ」

 

明治創業で「いちごミルクキャンディ」などの多くのキャンディを製造販売していた、アメハマ製菓(株)(愛知県一宮市三条字ヱグロ73番地)が、4月末日をもって製菓製造販売事業を廃業することを発表した。

廃業を発表するに至った理由は、コロナ禍での経済活動への不安、高コスト体質の生産体制であること、設備の老朽化などを上げ、「やはりコロナ禍においては運営継続が困難」と結論づけている。

ネット上では「昔から好きだったキャンディばかり、残念でならない」「いちごミルクがなくなる日がくるなんて」「クッピーラムネもここだったのか、止めないで!」と悲しむ声が多くあがっている。

クッピーラムネ
クッピーラムネ

いちげん
いちげんの暖簾

焼鳥いちげんなど居酒屋チェーンを展開するヴィア・ホールディングスが私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)の利用を第三者機関の事業再生実務家協会に申請し、受理されていたことが15日わかった。

新コロナの影響で居酒屋の不振が続き、財務基盤が悪化していた。新コロナ惨禍で外食の上場企業がADRを申請するのは初めてとみられる。

 

同社は第3四半期に

減損損失844百万円、

店舗閉鎖損失引当金繰入額23百万円

その他特別損失を16百万円

さらに、のれん残高の回収可能性から減損損失396百万円計上

共用資産の減損により減損損失41百万円を計上。

結果、当第3四半期連結会計期間(3ヶ月間)において、連結で特別損失▲13億21百万円を計上。

また、当第3四半期連結累計期間(9ヶ月間)において、連結で特別損失▲23億38百万円を計上している。

以上、


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2021 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions