米自治領プエルトリコ政府と関係機関の債務は730億ドル(約8兆2000億円)に上る。

プエルトリコは、実質的な破産法の適用を求める意向を明らかにした。

米地方自治体の債務再編としては過去最大の規模となり、米国の各金融機関が保有するプエルトリコ債で多額の損失が発生する見通し。

連邦議会が創設した財政管理委員会は、プエルトリコ監視・管理・経済安定化法(PROMESA)に基づく保護の適用を決定した。

これによりプエルトリコは連邦判事の下で債権者との交渉を進められるようになる。

以上、WSJ参照