私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged トップ記事


自動車部品大手のマレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)が1日、私的整理の一つである事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)制度の利用を申請した。負債総額は1.1兆円規模に達し、過去最大級となる。日産自動車は一部、在庫の引き取りなどに応じる見通しだが、今後、資金支援する企業の選定が始まり、車部品業界の再編が加速する可能性がある。
以上、報道参照

2021年9月末時点では、みずほ銀行は約3600億円、三井住友銀行が約1700億円、三菱UFJ銀行、りそな銀行(埼玉りそな銀行)など、大手行が軒並み貸し付けている。また、日本政策投資銀行とみずほ銀行がそれぞれ優先株式に約350億円を投資している。
マレリHDの2020年12月末時点での借入金は約1兆1000億円。ADRでは50%以上の債務カットが一般的で、90%までカット率を引き上げる場合もあるという。

旧カルソニックカンセイの紆余曲折は、2016年にゴーン日産が米投資ファンドのKKRに買収総額約5000億円で売却したことに始まる。
KKRは2018年に、伊マレリをフィアットGのFCAから62億ユーロ(約8000億円)で買収、旧カルソニックカンセイと統合させ、買収額を旧カルソニックカンセイに抱えさせるとともに、イタリア政府の買収条件となったマレリの名を残すことで、旧カルソニックカンセイの社名をマレリHDに変更した。

マレリHDの株主はCKホールディングス100%、CK-HDの株主は米投資ファンドのKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)の完全子会社である。
マレリHDはもはや日本企業ではなく多国籍企業でもある。

資金不足に陥っているのは、日産の販売台数減も原因だろうが、伊マレリを旧カルソニックカンセイに62億ユーロ(約8000億円)で買収させたことにも起因している。半導体不足で世界の自動車メーカーが減産に追い込まれている。車載用半導体不足は部品メーカーの同社に直接間接に大きく影響している。

KKRの伊マレリの買収資金は各国の銀行が融資しており(結果、カルソニック⇒現jマレリHDが借入者)、日本の銀行だけの問題ではない。

またカルソニック時代より負債が3倍増になっており、その負債をどうにかしてくれというADR、運用資産25兆円あまりのKKRであり、投資の当然のリスクとして自ら対応すべき問題ではないだろうか。KKRは日本の銀行を食い物にしようとしているのではないだろうか。

利益が出だしたら、どっかに高額で売却して投資利益を稼ぐのが投資ファンドの実正体でもある。当然、投資リスクである利益が出なかった場合、ADRとかで金融機関に融資金を減額させる等姑息な手段を使わせず、自ら再建させるのが筋ではないだろうか。

KKR傘下になり、カルソニックの工場はすでに4ヶ所閉鎖し、カルソニックの埼玉本社ビルも豪不動産会社に売却している。
日本の銀行が支援するとすれば、マレリHDを再分割し、旧カルソニックの経営再建分だけに集中させるべきだろう。
マレリHDはこんな状態では、100年に一度の自動車大変革期の新技術開発の「CASE」投資も限られ、旧カルソニック・マレリHDの近い将来は危ういものとなろう。

ハゲダカのKKRは日本を日本の銀行をカモにしたいようだ。KKRの共同代表にはハゲタカの極み隣国系のペ·ヨンボム氏が就任していることもなんともいえない存在だ(ハゲタカ生活で資産11億ドル以上)。今回のADR申請も本体ではペ·ヨンボムCEOが主導しているものと思われる。

前回記事
https://n-seikei.jp/2022/02/post-81401.html

音響機器販売のオンキヨーマーケティング(株)(所在地:東京都墨田区横網1-10-5 代表:上山洋史)とオンキヨーサウンド(株)(所在地:大阪府東大阪市川俣1-1-41、代表:宮田幸雄)は2月8日、事業を停止し、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は2社合計で約24億円。

資本金は両社同額の1億円。

オンキヨーマーケティング(株)は、平成22年12月に設立。

オンキヨーサウンド(株)は、令和2年10月に設立。

業績が低迷する中、2021年8月には上場廃止、その後、業績は振るわず事業を断念、今回2社ともに倒産の事態となった。

親会社のオンキヨーホームエンターテイメント(株)は事業継続。

担当弁護士には「協和綜合法律事務所」の山岸正和弁護士(電話番号:06-6311-8800)が任命されている。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

オンキヨーマーケティング(株)

2

本社地

東京都墨田区横網1-10-5

3

代表

上山洋史

4

設立

2010年12月.

5

資本金

1億円

6

業種

ホームAV製品やデジタルライフ製品の国内販売

7

売上高

以前のピーク期、約8億円

2021年9月期、約4億円

8

関連会社

オンキヨーサウンド(株)

大阪府東大阪市川俣1-1-41

9

破たん

2022年2月8日、(2社共通)

自己破産申請の準備中

10

委託弁護士

山岸正和弁護士(協和綜合法律事務所)

電話:06-6311-8800

11

裁判所

未定

12

負債額

オンキヨーマーケティング(株)は約3億円

オンキヨーサウンド(株)は約21億円

13

破綻事由

オンキヨーマーケティング(株)は上場会社のオンキヨーホームエンターテイメントの連結子会社だったが、親会社が昨年8月上場廃止、事業はホームAV製品やデジタルライフ製品の国内販売を手がけていたが売上高は3億円程度で債務超過状態で、資金繰りに問題を抱えるようになっていた。

また。オンキヨーサウンド(株)はオンキヨーマーケティング(株)から会社分割して2020年10月に設立されたOEM事業専業会社だが、売上高は約10億円ながら赤字から債務超過状態が続いていた。

医療法人老木レディスクリニック(所在地:大阪府和泉市あゆみ野1-4-1、代表理事:老木正彰)は1月12日、大阪地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約5億円。

同法人は平成12年4月に創業、平成14年6月に法人化へ、医療事故以降、事業運営が困難となる中、今回の措置となった。

破産管財人は沼田洋祐弁護士(電話番号:06-6226-8546)が選任されている。

事件番号は令和3年(フ)第5334号となっています。


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

医療法人老木レディスクリニック

2

本社地

大阪府和泉市あゆみ野1-4-1

3

代表

代表理事:老木正彰

4

創業

2000年

5

設立

2002年6月、

6

資本金

 

7

業種

産婦人科医院

8

売上高

以前のピーク期、約7.5億円

9

破たん

2022年1月12日、

破産手続きの開始決定

10

破産管財人

沼田洋祐弁護士(沼田総合法律事務所)

電話:06-6226-8546

11

裁判所

大阪地方裁判所

12

負債額

約5億円

13

破綻事由

同産婦人科医院は、老木レディスクリニックの1と2の2ヶ所産婦人科医院を運営していた。しかし、業務上の過失により赤ちゃんの死亡事故が発生して信用失墜、1ヶ所に医院を集約して再起を図ったものの、信用失墜で分娩客の減少は続き、債務超過状態に陥り、今回の事態に至った。

貸ビルの福田商事(株)(所在地:東京都渋谷区恵比寿南2丁目*** )は1月5日付、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

負債総額は約42億円。

資本金は1000万円。

同社は昭和24年2月に設立、業績が低迷する中、代表の逝去とともに事業を断念、今回倒産の事態となった。


 

 

破産管財人には、厚井乃武夫弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年2月2日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年4月14日午後1時30分。

事件番号は令和3年(フ)第7640号となっています。

 


スクロール→

破綻要約 JC-NET

1

破綻企業名

福田商事(株)

2

本社地

東京都渋谷区恵比寿南2-5-8

3

代表

福田晃規

4

設立

1949年2月、

5

資本金

1000万円

6

業種

貸しビル業

7

売上高

 

8

破たん

2022年1月5日、

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

厚井乃武夫弁護士(みどり法律事務所)

電話:03-3256-8434

10

裁判所

東京地方裁判所

11

負債額

約42億円

12

破綻事由

同社は都内に4つのビルを所有する貸しビル業者。過去巨額詐欺被害にあい、経営状態を悪化させ、これまで家賃収入で金融機関からの借入金の元利金を支払ってきたが、代表が死去、借入金も大きく事業継続は困難と見て、今回の措置となった。

レンタカー事業の(株)ミレニアム(<旧商号(株)トライアンフコーポレーション>登記簿上所在地:東京都新宿区西新宿1-20-3、代表:小島志緒理)と、関連の(株)トラベルレンタカー(<旧商号(株)ルフト・トラベルレンタカー>所在地:沖縄県豊見城市瀬長3-2、代表:大竹幸博)と(株)松宮オートサービス(所在地:沖縄県豊見城市与根6-5、代表:嶺間徳彦)は1月11日、東京地裁において民事再生法の適用を申請した。

負債総額は3社合計で約55億6千万円。

(株)ミレニアムは平成10年4月創業、新型コロナの影響で業績が急激に悪化、自力での事業継続を断念し、ほか2社と共に今回の措置となった。

申請代理人は「渥美坂井法律事務所・外国法共同事業」の鈴木規央弁護士(電話番号:03-5501-1096)ほかが、監督委員は内藤滋弁護士(電話番号:03-6228-4375)が任命されている。


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

(株)トラベルレンタカー

2

本社地

沖縄県豊見城市字瀬長3-2

3

代表

大竹幸博

4

設立

2001年4月、

5

資本金

1000万円

6

業種

介護施設経営

7

売上高

2019年7月期、約31億円

8

 関連会社(1/2

(株)ミレニアム

9

 本社地

東京都新宿区西新宿1-20-3

10

 代表

小島志緒理

11

 関連会社(2/2

(株)松宮オートサービス

12

 本社地

沖縄県豊見城市字与根6-5

13

 代表

嶺間徳彦

14

破綻

2022年1月11日、(3社共通)

民事再生法の適用申請および監督命令

15

代理人弁護士

鈴木規央弁護士(渥美坂井法律事務所)ほか

電話:03-5501-2111

16

監督員

内藤滋弁護士(内藤滋法律事務所)

電話:03-6228-4375

17

裁判所

東京地方裁判所

18

負債額

(株)トラベルレンタカーが約23億円

(株)ミレニアムが約28億円

(株)松宮オートサービスが約4億円

19

破綻事由

(株)トラベルレンタカー社は、那覇空港と宮古島空港、新石垣空港、千歳空港でのレンタカー事業会社。今般の長引く新コロナ事態に、観光客減から極端な売り上げ不振に見舞われ、今回の事態に至った。

なお、(株)DDホールディングスがスポンサー支援することで決定している。

 

 

スポンサー


スクロール→

会社名

株式会社D&Dホールディングス

所在地

東京都中央区日本橋富沢町919

代表者

村脇学

設立

2014年(平成26年)10

資本金

1000万円

連結売上高

20203月期、 304億円

20193月期、 343億円

事業内容

● 自動車、産業車両、自動車機器及び産業機械の販売、修理、加工、陸上輸送ならびに賃貸

● 総合リース業

● インターネットによるオークションの開催及び古物売買並びにその受託販売

● コンピュータソフトウェア及びコンピュータシステムの設計、開発、運用、保守、販売及び賃貸

● 経営コンサルタント業

社員数

497人(グループ全体)

グループ企業

株式会社D&Dマネージメント

プライマスジャパン株式会社

株式会社バンクレンタカー

北海道三菱自動車販売株式会社

北北海道三菱自動車販売株式会社

室蘭ダイヤモータース株式会社

株式会社北海道BPセンター

 

健康食品製造業者のミナト製薬(株)(所在地:東京都中央区銀座1-14-11、代表:義村三郎)は1月5日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約17億円。

資本金は5000万円。

同社は昭和3年6月に創業、昭和18年7月に法人化へ、設備投資の負担にコロナが影響し業績が悪化、事業を停止し、今回の措置となった。

破産管財人には「みなと協和法律事務所」の縣俊介弁護士(電話番号:03-5545-8075)が選任されている。

 


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

ミナト製薬(株)

2

本社地

東京都中央区銀座1-14-11

3

代表

義村三郎

4 

創業

1888年

5

設立

1943年7月、

6

資本金

5000万円

7

業種

ローヤルゼリーなど健康食品の製造販売会社

8

売上高

ピーク期の売上高、約35億円

2020年8月期、約13億円

9

破綻

2022年1月5日、

破産手続きの開始決定

10

破産管財人

縣俊介弁護士(みなと協和法律事務所)

電話:03-5545-8075

10

裁判所

東京地方裁判所

11

負債額

約17億円 

12

破綻事由

同社はもともと鼻噴霧薬を製造していたが、ローヤルゼリーの製造販売に切り替え、その後、青汁やクロレラ玄米くろ酢なども手がけていた。しかし、健康食品への大手参入、健康食品の百花繚乱により、同社製品の売上高は漸減し続け、最近は借入金の負担も大きく経営不振が続いていた。

船舶貸渡業のMESシッピング(株)(所在地:東京都中央区築地5-6-4、代表清算人:松浦昌博)は12月14日、東京地裁において特別清算開始命令を受けた。

負債総額は約66億円。

資本金は4億7000万円。

同社は昭和48年3月に設立、業績が低迷する中、事業再編のため解散、今回の措置となった。

 


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

MESシッピング(株)

2

本社地

東京都中央区築地5-6-4

3

代表

代表清算人:松浦昌博

4

設立

1973年3月、

5

資本金

4億7000万円

6

業種

舶用機械の卸販売

7

破綻

2021年12月14日、

特別清算手続きの開始決定

8

裁判所

東京地方裁判所

9

負債額

約66億円

10

破綻事由

同社は舶用エンジン・機械製造、造船、海洋開発の(株)三井E&Sホールディングス(旧三井造船)の連結子会社、造船業が中国と韓国に駆逐され、同根の商船三井さえ韓国の造船会社に巨大輸送船を何隻も発注する時代、当然、日本では造船不況が続き、同社は2017年3月期に資産の見直しなども含め▲43億円の赤字を出し債務超過に転落、実質整理過程に入り、今年10月に解散を決議していた。

 

過去、超大手の財閥系造船会社は、今や国と癒着して軍艦造りで儲け、商船建造をほとんどなくしている。

すべての問題は、造船業に対する国策が中途半端なことに起因し、大から小企業に至る造船会社まで不況に陥れている。農業とともに消滅産業か


※特別清算とは、
株式会社に限られた清算手続きのひとつ。解散して清算手続きに入った株式会社が、債務超過などで清算の遂行に著しく支障をきたした場合などにおいて、裁判所の下で清算業務を行なうことができる。

特別清算は債権者の多数決で分配額を決め、債権調査・確定の手続きがなく、原則として従前の清算人がそのまま清算手続きを行なえる。

また、休眠会社や子会社などを清算して事業譲渡することに頻繁に使われる。

続報。LED照明開発のD-LIGHT(株) (所在地:東京都中央区銀座Ⅰ-8-2、代表:鬼倉達矢)は11月10日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約213億7059万円。

資本金は1億1000万円。

追記、洋菓子店の(株)ベルべ(所在地:神奈川県大和市大和東1-8-4 代表:石川民夫)は11月8日、事業を停止して、事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約50億円。

資本金は1200万円。

続報。リゾートクラブの(株)長泉ガーデン(登記簿上所在地:静岡県駿東郡長泉町東野646 代表:古矢誠一郎)と関連の長田事業(株)(同所、同代表)は10月22日、静岡地裁沼津支部より破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は2社合計で約187億円。

 長泉ガーデンは会員制リゾートホテル「長泉ガーデン」の経営会社。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2022 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions