私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts tagged アメリカ

「アメリカ体操連盟」(USA Gymnastics)は、12月5日付でインディアナ州南部の連邦破産裁...続きを読む
東証2部上場でカラオケ店の「カラオケの鉄人」を展開する「鉄人化計画」は、100%出資子会社の「TET...続きを読む

米小売りチェーン「シアーズが15日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、150近い店舗を閉鎖すると発表した。

1886年創業という歴史ある同社は、万人向けの品ぞろえを誇る百貨店業の草分けとして、20世紀半ばまでに北米各地で店舗網を拡大し、業界の王者として君臨した。

アメリカの小売大手「シアーズ」などを展開する「シアーズ・ホールディングス」は、10月15日付でニュー...続きを読む

米国の交換用タイヤ販売のアメリカン・タイヤ・ディストリビューターズ(旧名:ブリヂストン・ファイアストン・ノースアメリカン・タイヤ)は、約11億ドル(約1250億円)の債務減免で大半の債券保有者と合意した上で、連邦破産法11条の適用を申請した。

10月4日の同社発表によれば、合意に基づき、株式の95%が債券保有者に与えられる。
 
アメリカン・タイヤは、TPGキャピタルとアレス・マネジメントが保有。過去に開示された債務残高は23億ドルを超えている。
グッドイヤーとブリヂストンの2ブランドは、今年、共同してアメリカン・タイヤを離れ各50%のTireHubを設立、独自の販売網を通じた直販方式に切り替えた。
百貨店のシアーズが、アマゾン・ドット・コムを通じて購入されたタイヤを装着するサービスを開始したことも、アメリカンに打撃を加えた。

 

アメリカのアパレルメーカー「エル・ブランズ」は、2019年1月をもって傘下のブランド「ヘンリベンデル...続きを読む
東証1部上場で光学装置など製造の「ウシオ電機」は、完全子会社の「ウシオ・アメリカ」が50.6%を出資...続きを読む
東証1部上場で業務用スーパーマーケットの「業務スーパー」を展開する「神戸物産」は、連結子会社の「KO...続きを読む
ジャスダック上場で恋愛マッチングサービスの「Omiai」を展開する「ネットマーケティング」は、100...続きを読む

1894年創業の米老舗ギターメーカー「ギブソン・ブランズ(テネシー州)」は5月1日、連邦破産法11条(民事再生)の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。

債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、楽器製造などの事業を継続しつつ、経営の立て直しを目指す。

フィリップスの音響部門を買収したことから、負債が拡大し、音響事業も軌道に乗せられなかったことが破綻原因となっている。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2018 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions