私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts published on 2022年5月16日


続報。新電力事業のアンフィニ(株)(所在地:大阪府堺市堺区熊野町*** )は5月10日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約81億円。

同社は、2010年ころ「ジャパンソーラー」のブランド名でソーラー発電事業に参入、2013年にはソーラー発電システムを販売していたジャパン・ソーラー(株)を吸収し、ソーラー発電事業者へEPC(設計・機器調達・建設)を提供していた。

2017年には福島県楢葉町に震災の地域雇用補助金約50億円を受け、それを元手にモジュール製造工場を開設、しかし、政府の電力買取価格が大幅に減額され、太陽光発電ブームが去り、新規ソーラー発電所開発案件が急減、元々安価な中国製ソーラー発電システム機器が、当工場の製造価格よりさらに安価になり、同社は競争力を失し、受注競争も激しく、工場稼動コストもかかり、さらに発電事業においての冬の電力不足を補う、電力調達コストが大幅増となり、大赤字を露呈、経営不振に陥っていた。

民事再生手続き開始下、スポンサーが決定せず、今回の事態に至った。

なお、事業の多くは他社が承継し、営業を継続している。

破産管財人には「東京丸の内法律事務所」の高木裕康弁護士(電話番号:03-3213-1081)が選任されている。

破産債権の届出期間は令和4年6月14日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年8月22日午前11時。

続報。茨城に拠点をおく、(株)藏持が破産開始決定を受けた。

負債総額は約6億円。

以下要約。

 詳細を見る

続報。静岡に拠点をおく、養鶏場の遠州EGG(株)が民事再生手続きの開始決定を受けた。

負債総額は約11億円。

以下要約。

 詳細を見る

続報。大阪に拠点を置く、(株)元氣建設が破産開始決定を受けた。

負債総額は約6億円。

以下要約。

 詳細を見る

福岡に拠点をおく、エバーグリーンマリノアホテルのエバーランド(株)が特別清算を受けた。

以下要約。

 詳細を見る

(有)ヒトミ運輸(所在地:埼玉県加須市上種足*** )は5月2日付、東京地裁において再生債務者について監督委員による監督命令を受けました。

 

官報より参照。

 

監督委員には、北澤龍也弁護士(所在地:東京都新宿区四谷3丁目1番5号ロリエ四谷ビル5階 北澤龍也法律事務所)が選任されている。

事件番号は令和4年(再)第13号となっています。

 

※監督命令とは

民事再生法54条1項によれば、裁判所は民事再生申立があった場合において、必要があると認めるときは、利害関係人の申立または職権により、監督委員による監督を命ずることができるとしており、実務上、ほとんど全ての場合に監督命令が発令される。

 

 

表富士運送(資)(所在地:静岡県富士市中之郷*** )は4月28日付、静岡地裁富士支部において再生債務者について監督委員による監督命令を受けました。

 

官報より参照。

 

監督委員には山本佳雄弁護士(所在地:静岡県富士市中央町2丁目9番1号 山本法律事務所)が選任されている。

事件番号は令和4年(再)第1号となっています。

 

※監督命令とは

民事再生法54条1項によれば、裁判所は民事再生申立があった場合において、必要があると認めるときは、利害関係人の申立または職権により、監督委員による監督を命ずることができるとしており、実務上、ほとんど全ての場合に監督命令が発令される。
 


 

 

非金属用金型・同部分品・附属品製造業の東匠TEC(株)(所在地:東京都葛飾区立石*** )は4月27日付、東京地裁において特別清算手続きの開始命令を受けました。

 

官報より参照。

 

 

事件番号は令和4年(ヒ)第2019号となっています。

 


※特別清算とは、
株式会社に限られた清算手続きのひとつ。解散して清算手続きに入った株式会社が、債務超過などで清算の遂行に著しく支障をきたした場合などにおいて、裁判所の下で清算業務を行なうことができる。

特別清算は債権者の多数決で分配額を決め、債権調査・確定の手続きがなく、原則として従前の清算人がそのまま清算手続きを行なえる。

また、休眠会社や子会社などを清算して事業譲渡することに頻繁に使われる。
 

 

メノアース(株)(所在地:宮城県石巻市千石町*** )は4月28日付、仙台地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

 

官報より参照。

 

 

破産管財人には、米谷康弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年6月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年9月2日午後2時10分。

事件番号は令和3年(フ)第863号となっています。

 


 

 

続報。住宅建築の(株)藏持(所在地:茨城県牛久市中央*** )は5月2日付、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

官報より参照。

停止時の負債総額は約6億円。

 

同社は住宅建築業者。数奇屋造りの国交省認定の低炭素住宅を提供してきたが、今般の新コロナ事態により対面営業が制約を受けるなか、新コロナ事態からの経済回復を受けた米国発の木材価格の暴騰から採算性も急悪化させ、資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

破産管財人には、山内宏光弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和4年6月6日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年9月6日午後1時30分。

事件番号は令和4年(フ)第2374号となっています。

 

既報記事
(株)藏持(茨城)/事業停止・弁護士一任 高級住宅メーカー

 

 

 


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2022 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions