私的倒産速報集積センター

全国の企業・法人の倒産情報・速報を整理・再分類しています

Browsing Posts published in 3月, 2017

産廃リサイクルの環境装置製造の共立工業(株)(神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-30)と関連の(株)共立(同)は3月31日、事後処理を柳楽久司弁護士(電話03-3546-0281)に一任して、民事再生法の適用申請を行う予定。

負債額は共立工業が約13億円、共立が約18億円の計約31億円。

共立工業は昭和22年創業の環境装置製造業者。食品残渣や汚泥などのリサイクルプラント機械を手がけ、平成26年7月期には約18億円の売上高を計上していた。しかし、納入先の大型プラントなどの官庁からの補助金が遅れ、支払い待ちが多発、同社は資金繰りに窮するようになっていた。そうしたことや不況から国のリサイクル行政の熱も冷め、平成28年期の売上高は9億円台まで減少、資金繰りが追いつかなくなり、今回の事態に至った。

共立は共立工業の販売・施工管理部門で、連鎖した。

女性探偵社のアンエージェンシー(株)(神奈川県横浜市神奈川区台町16-1)は3月22日、申請処理を串田誠一弁護士(電話045-212-3327)に一任して、横浜地方裁判所へ自己破産申請した。

同社は、広告費用に採算性を悪化させ、行き詰った。

自社ブランド「千草」の西陣帯卸業(株)中島(京都市上京区室町新町の間寺之内上る下木下町178)は3月29日事業停止、事後処理を大谷俊介弁護士(電話075-253-2035)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億円。

イヤホン型通信機販売のナップコミュニケーションズ(株)(東京都千代田区神田神保町3-5)は3月21日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

ケーキ屋さんの(株)ジーゲスクランツ(東京都世田谷区赤堤2-15-14)は3月22日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、赤堀有吾弁護士(電話03-3502-6294)が選任されている。

負債額は約4億5千万円。


Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2017 私的倒産速報集積センター Design by SRS Solutions